QLOOKアクセス解析

短毛化した抜け毛の割合が増えてる フィナステリド+αで育毛するぞ




2017年06月03日

短毛化した抜け毛の割合が増えてる

フィナステリド服用2810日目。
(新フィンペシア服用797日目)

いつも記事の下部で書いている抜け毛のデータですが
ここしばらくの間、短毛化した抜け毛の割合が多いです。

髪を伸ばしているのも1つの原因なのですが
もしかして脱毛期なのかもしれません。

夏に抜け毛が多くなるのは恒例なんですけど
その場合、通常の抜け毛も短毛化した抜け毛も
どちらも増えるという印象です。

でも最近の抜け毛は
明らかに短毛化した抜け毛が増えているという印象。

その証拠に、通常の抜け毛は割りと安定しています。

今までの経験上だと
大体こういう場合は脱毛期でした。

確かに冬に増えた髪が
この時期に抜けるというのはわかる気がします。

まあ、でも人間ですからねぇ。

犬だったら毛の生え変わりってありますけど。

短毛化した抜け毛が増えるっていうことは
そこまでしか成長しないで抜けているということです。

勿論、いいことじゃありません。

この現象、どう捉えたらいいものやら。



では1週間分の抜け毛チェック。

例のごとく左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

35本(21本 14本)
44本(23本 21本)
39本(21本 18本)
41本(20本 21本)
35本(23本 12本)
46本(28本 18本)
44本(27本 17本)

抜け毛はまあまあ多めですね。

気温が今週もかなり上下しました。

一度暖かくなってから寒くなると体がキツイです。

自律神経にも良くないです。

風邪も引きやすくなるし。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 17:16 | Comment(0) | 新フィンペシア使用>3年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。