QLOOKアクセス解析

週刊現代「プロペシアにとんでもない副作用」に思うこと フィナステリド+αで育毛するぞ




2017年04月15日

週刊現代「プロペシアにとんでもない副作用」に思うこと

フィナステリド服用2761日目。
(新フィンペシア服用748日目)

今週発売の週刊現代に
「プロペシアにとんでもない副作用」
の見出しが躍っていました。

もう既に読んだ方もいるかも知れませんね。

新聞広告でこの見出しを見た私は
「おいおい一体どんな副作用なんだ?」
となった訳であります。

そして急いで書店へ走り
立ち読み(講談社さんスミマセン)しました。

結果は……
読んですぐ胸を撫で下ろしました。

「何だ今更かよ」という感想。

一言で言えば、
内容はポストフィナステリド症候群のことでした。

こっちはもう数年前から知ってるっちゅうねん。

この一連の出来事から
「週刊誌って遅れてるんだな」と実感。

あまり騒がせないでください週刊現代さん。

私はてっきり
今まで自分が知らなかった副作用でもあるのか
と思ってしまいましたからね。

でも育毛に関して何も知らない一般ピープルは
これでプロペシアに対して
怖いイメージを持ったと思います。

これに関しては、
私は「良かった」と思っています。

プロペシアは病院で処方されるからまだマシですが
フィナステリドを個人輸入で入手し
安易に服用し始める人が多過ぎる気がするからです。

大して薄くなってないのに
安易にフェナステリドを服用する人って多過ぎませんか?

そういう人は副作用の話が出ると
慌てふためくんですよね。

つまり覚悟ができていない訳です。

これは過去記事に何度も書いていますが
私はフィナステリドを服用開始するまでに
10年の期間を要しています。

10年悩んで、
覚悟が決まったから服用し始めたのです。

そこには
例え副作用で死ぬことがあっても後悔しない
という覚悟がありました。

ここまでの覚悟を持つ必要はありませんが
少なくとも副作用を容認できる覚悟は必要だと思います。

副作用が怖い、困るという人は
服用すべきではありません。
(だから20代にはお勧めしない)

よく言われる
「髪を取るか男性機能を取るか」という問題。

これは本人がどちらに重きを置いているか
それ次第なんですが
髪があっての男性機能だと思うんですが……

既にフィナステリドを服用していながら
そう思わない人が多いみたいですね。

※最後の砦さんへのコメント返信はすみませんが
次回以降でやります。



では1週間分の抜け毛チェック。

例のごとく左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

37本(22本 15本)
41本(27本 14本)
42本(27本 15本)
計測なし
44本(27本 17本)
計測なし
38本(24本 14本)

目に見えて抜け毛が増えています。

気温がやっと春らしくなってきましたからねぇ。

特に短毛化した抜け毛の割合が増えています。

あまりいい傾向ではないです。

今後どうなってしまうのやら。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 18:11 | Comment(1) | 新フィンペシア使用>3年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり大げさな記事ですね。

個人輸入は医者や薬剤師の団体が猛反対をしています。
理由はわかると思いますが。


処方箋だろうと個人輸入だろうと、薬を使用するには「それなりの知識」が必要です。

個人輸入のみダメというのは、少し変な話です。
Posted by taka at 2017年04月20日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。