QLOOKアクセス解析

フィナステリド+αで育毛するぞ



2016年08月06日

AGA専門病院オリジナルのフィナステリドとは?

フィナステリド服用2509日目。
(新フィンペシア服用495日目)

前回の記事でピンさんのコメントに関する内容を終えて
今回以降は、ピンさんの別の質問である副作用
特にポストフィナステリド症候群に関する見解など
を書くつもりでした。

しかし、またいただいたコメントを読んで
気になる内容だったので、
それに関しての意見などを書きたいと思います。


(抜粋)
恥ずかしながら、まさに予想は的中でして、処方されたフィナステリドが何なのか把握しておりませんでした。
フィナステリド1錠1mg、院内調剤で亜鉛やビオチンも含まれているしか書いておらず、自分の認識の甘さに気付かされました。

0.2mgの処方はされていないようで、副作用の心配から(金銭的な面でも)1mgを割って飲んでいました。

ご指摘された通り、病院の信用に関しては思い当たる節もありました。今後どうするか検討したいと思います。



以上が今回のピンさんのコメント(一部を抜粋)になります。

正直、私が思っていた以上の内容だったので
ちょっと放ってはおけませんでした。

特に気になったのが
「院内調剤で亜鉛やビオチンも含まれている」
という内容です。

つまり、プロペシアでもなければ
その他、日本のメーカーのジェネリックでもない
ということです。

え? え? え? 本当に?

日本の病院、しかもAGA専門医で
こういう薬を処方している事実を知って
私は正直驚いてしまいました。

まあ、堂々とこういうことをやっているのですから
法律上は問題ないのだと思います。

ただ、フィナステリドといっても
得体の知れない代物ですよね。

しかも「亜鉛やビオチンも含まれている」って……

つまり、オリジナルってことです。

そこの病院で調合してるのかわかりませんが
もし日本国内で日本人が調合しているのなら
まあギリギリセーフって感じですかね。

一番心配しているのは
もしかしてタイなどで売られている
オリジナルのフィナステリドじゃないか
という懸念です。

タイでこんな感じの薬って多いですよね。

ダイエット薬とか。

同じタイ製でもハリフィンとかフィライドなら
普通にメーカーが作っている物なのでいいんですが
そうではないオリジナルの物のことを言ってます。

多分、そこまで悪質なことをする病院はないと
(希望的観測)私は思っていますが。

ピンさんは
いきなり個人輸入でフィナステリドを服用するのは心配だから
AGA専門医の門を叩いたのだと思います。

しかし、その専門医がこんなことをやっている事実を
私は知りませんでした。

金額的には問題ないのでしょうか?

法外な料金を取られていないですか?

こんなことをする背景には
金儲け主義があるのだと思います。

プロペシアやその他メーカー品なら
薬価は決まってますが
オリジナルとなれば、いくれでも請求できます。

人の弱みに付け込んでボロ儲けするとは何事か。

ピンさんが悪質な病院のカモにならないことを祈ります。



では1週間分の抜け毛チェック。

例のごとく左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

37本(26本 11本)
36本(26本 10本)
42本(28本 14本)
38本(30本 8本)
39本(33本 6本)
36本(24本 12本)
42本(31本 11本)

今週は夏らしくグッと暑くなりました。

それに伴って抜け毛も増加……
と思いましたがそうでもないですねぇ。

というか、ここ2〜3年は夏でも、
それ程抜け毛は増加しないです。

これでいいのか悪いのかよくわかりません。

フィナステリドの飲み方を変えたので
何か変化があってもいいような気もしますが。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 18:29 | Comment(1) | 新フィンペシア使用>2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

AGA治療専門病院が思ったほど悪徳でなくて良かった

フィナステリド服用2516日目。
(新フィンペシア服用502日目)

ここ最近、ピンさんのコメントに答える形で
記事更新させていただいてます。

正直、読んでくださっている方々が
どう思っているかわかりませんが
既にネタ切れ状態が続いていたブログなので
私としてはありがたい限りです。

次回は副作用に関して書こうと思っていながら
中々書けませんが、まあ先送りとなっても
大して問題ないでしょう。

ということで
今回もちょっとコメントに返答してみます。


(抜粋)
銀○クリニックの処方で費用は一ヶ月分で7020円でした。(不適切でしたら、消してください)

現在は服用中にちょっとした副作用(思い込みかもしれません)を感じて一旦服用を中止して様子見の状態です。今後再開する時は個人輸入も含めて検討したいと思います。

効果はないかもしれませんが、再開するまではフィナローションと外用ミノキシジルの塗布剤で気休めでも進行を抑えたいと思います。
個人的には薄毛はフィナステリドの服用しか対処方法はないと思っているのですが、以前育毛太郎さまが記事にしていたようにまだ20代後半なのでどうしても副作用が心配になってしまいます。せめて30代半ばまで維持できたら良いのですが…



以上が今回のコメント内容(一部抜粋)です。

早速、このクリニックのサイトを確認してみました。

このクリニックでアクセル全開で治療する場合の薬品代は
内服薬は17,500円が基本のようです。

ミノタブも入るとこの価格になるのでしょう。

ピンさんは7,020円なので、最低ラインですね。

驚いたことに、
ここのクリニックはプロペシアの処方もしています。

でも価格は7,560円なので定価ですねぇ。

私が懸念していたような
暴利をむさぼる悪徳医院ではないようです。

割と良心的といっていいでしょう。

ま、あくまで価格的にはということですが。

プロペシアの処方もしているのに
患者が何も言わなければ
オリジナルのフィナステリドを処方してるんですよね。

ネットの世界では情弱ってカモにされやすいですが
オフラインの世界でも同じですね。

情報、知識は大切だってことです。

ピンさんは副作用が気になって
今は服用を一時休止しているようですね。

まだ20代なので、
そのぐらい慎重でいいと思います。

外用薬だけでどこまで効果が望めるかわかりませんが
何とか進行を遅らせることができればいいですね。



では1週間分の抜け毛チェック。

例のごとく左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

44本(33本 11本)
38本(28本 10本)
36本(26本 10本)
38本(27本 11本)
42本(38本 14本)
45本(34本 11本)
35本(26本 9本)

今週はやや増加って感じでしょうか。

多分、今ぐらいが夏の暑さのピークですよね。

全国的には猛暑の所が多いようですが
私の居住地は今年の夏は涼しいと思います。

日中は30度を越えますが
日が暮れると涼しいんですよね。

例年は夜でもムッとする暑さがあるのですが
今年はそれがありません。

夜は長袖着て寝ないと肌寒いぐらいです。

こんな感じなので
抜け毛は今後も増えないような気がします。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 19:00 | Comment(1) | 新フィンペシア使用>2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

フィナステリドの副作用、現状はどうなのか

フィナステリド服用2523日目。
(新フィンペシア服用509日目)

先日(2520日目)でフィナステリド服用開始から
6年11ヶ月が経過しました。

引き続き月・水・金はフィンペシア1錠(1mg)
それ以外の日は半ペシア(0.5mg)で服用中です。


フィンペシア(Finpecia)1mg

さて今回からは
待望(!?)の副作用の話を書こうかと思います。

で、現在の副作用に関して考えてみたのですが
あれ?
あれ?あれ?あれ???????????
今現在感じている副作用ってないんじゃないかな?

そうなんです。

副作用って単語を忘れてしまう程
感じている副作用ってないんですよね。

強いてあげるとすれば
リビドーの低下ぐらいでしょうか。

(すみませんが様々な事情により、直接的な表現を避けて
リビドーという単語を使用しています。この単語の意味が
わからない方はググってください)


でもこれって副作用というより主作用ですよね。

DHTを抑制している訳ですから
リビドーが低下して当たり前なんです。

そもそもDHTっていうのは
減少したテストステロンを補うために
体が合成しているものです。

リビドーの元は
テストステロンとDHTで成り立っています。

その内のDHTが抑制されれば
リビドーは低下して当たり前。

テストステロンが豊富な人なら
フィナステリドでDHTを抑制しても
リビドーの低下はあまり感じないでしょう。

しかし薄毛になる人っていうのは
DHTが多い訳です。

リビドーの低下は仕方がないことです。

なんせ主作用の1つなんですから。

それと私の場合
年齢的なものもあるでしょう。

年齢とともにリビドーは減退していくものですから。

リビドー低下を副作用として
服用をためらう人がいますが
それならフィナステリドによる育毛は
止めたほうがいいのではないでしょうか。

DHTの抑制以外の方法を検討したほうがいいでしょう。



では1週間分の抜け毛チェック。

例のごとく左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

計測なし
42本(33本 9本)
43本(31本 12本)
38本(26本 12本)
46本(30本 16本)
計測なし
49本(35本 14本)

今週はやはりというか夏らしく抜け毛が増えました。

大人ニキビが出来るぐらいDHTレベルが上昇してます。

毎年思うのですが
なぜ気温が高くなるとDHTレベルが上がってしまうのか?

フィナステリドの効果が落ちるのか、
はたまた
フィナステリドの抑制を上回るDHT生成があるのか
考えても答えは出ないままです。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 18:00 | Comment(1) | 新フィンペシア使用>2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする