QLOOKアクセス解析

フィナステリド+αで育毛するぞ




2014年04月05日

一冬を越して今の髪の状態

フィナステリド服用1655日目。
(エフペシア服用439日目)

すっかり春らしくなりました。

だからという訳でもないんですが
4月1日に髪を切りました。

髪を切ると髪の現在の状態がわかりやすくなります。

という訳で、
一冬を越して髪は今どんな感じになっているか
について今回は書きたいと思います。

冬に入る前に
何だか髪が柔らかくなったような感じで、
更にボリュームが落ちてきたかな?
ということを書きました。

その理由として
髪がストレートになってきていているようだ
と推測しておりました。

で今の状態なんですが
どういう訳か以前の状態に戻ってきています。

以前の状態というのは
クセ毛が出ていて、髪が硬い感じで
ボリュームも戻った感じになっています。

正直、
どちらの状態のほうがいい状態なのか
私には判断できません。

髪が柔らかくストレートの状態は
女性の髪質に近い感じがして
薄くなりづらい印象があります。

一方、
クセ毛で硬くてボリュームがある状態は
髪が多いという感覚になりますから
私はこの状態のほうが安心できます。

後者の状態のほうが長い期間馴染みがあるので
どうしてもそちらのほうが安心できるんですよね。

でも以前から書いているように
「クセ毛は薄毛の始まり」
というのがありますので、安心していいのかどうか。

髪がストレートになってきていたのに
またクセ毛に戻るのは
ひょっとして良くないのかもしれません。

でも硬さも戻り、ボリュームも戻りとなると
何だか髪が増えたような錯覚にも陥ります。

これからしばらく様子を見ていかないと
どうなのかは判断できませんね。

下手に新しいことをせずに
今後の動向を観察していきたいと思います。



では1週間分の抜け毛チェック行きたいと思います。
(抜け毛チェックの方法は→抜け毛チェックに関して

左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

31本(22本 9本)
29本(22本 7本)
20本(12本 8本)
19本(15本 4本)
22本(17本 5本)
20本(15本 5本)
29本(21本 8本)

今週は非常に安定して抜け毛少なめでいい感じです。

短毛化した抜け毛もすべて一桁でいい感じ。

春らしくなり気温も上がってきたのに
その影響は受けていないようです。

というか
前回の記事にも書いたように
気温じゃなく体温に左右されるので
体温が安定しているのかもしれません。

ま、どちらにしても
このような状態が長く続いてほしいものです。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 17:41 | Comment(0) | エフペシア使用>2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

STAP細胞に今後も期待していいのか?

フィナステリド服用1662日目。
(エフペシア服用446日目)

以前の記事でSTAP細胞に関することを書きました。

STAP細胞は育毛界希望の星

もうちょっと結論めいたものが
見えてきてから書くつもりでしたが
何だか最近いろいろと話が泥沼化してきているので
今回はSTAP細胞に関して再び書きたいと思います。

正直、育毛に活かせるという意味で
かなり期待していたんですが
結局STAP細胞は本当に存在するのでしょうか?

先日の記者会見で小保方さんはハッキリ
「STAP細胞はあります」
と断言しました。

これを信じるならば
早く他の研究所で再現してほしいものです。

しかし、もしそうじゃないならば
これ以上引っ張らないで
潔く「間違ってました」という結論を出してほしいです。

マスコミの報道は
STAP細胞の有無ではなく
小保方さんの不正うんぬんの話になっていて
何だかとってもやるせないです。

そんなのどうでもいいんです。

育毛界はSTAP細胞の存在を欲してるんです。

だからどこかの研究所が
STAP細胞の存在を証明してほしい。

ただそれだけです。

何でこんなことを言うかといえば
薬物に頼った育毛法だけでは限界があるなと思うからです。

薬物は
その人の体質によって効果があったりなかったりで
満足できる人の割合がちょっと少ないと思います。

物理的な対処法なら
もう少し有効率が上がると思います。

今現在、自毛植毛という物理的処置法はありますが
いかんせんハードルが高い。

費用のほうも気になります。

それから
薬物を長い年月使用し続けるのも不安があります。

薬物以外の選択肢は当然あったほうがいい訳です。

だから私は今でもSTAP細胞に期待します。

誰かその存在をしっかり証明してくれ!

そして育毛に活かせる日が
一日でも早く実現するよう望んでいます。



では1週間分の抜け毛チェック行きたいと思います。
(抜け毛チェックの方法は→抜け毛チェックに関して

左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

33本(25本 8本)
28本(23本 5本)
23本(15本 8本)
27本(20本 7本)
35本(29本 6本)
28本(25本 3本)
37本(26本 11本)

少々肌寒い日もありましたが
今週も日に日に気温が上がってきてます。

その割には抜け毛が少なくて
状態は良好そのものですね。

4月はともかく5月になると
例年抜け毛が増加するのですが
今年はどうなるかちょっと期待してます。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 17:00 | Comment(0) | エフペシア使用>2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

4年7ヶ月経過でフィナステリド826錠消化

フィナステリド服用1669日目。
(エフペシア服用453日目)

明日(1670日目)でフィナステリド服用開始から
4年7ヶ月になります。

昨日までに消化したフィナステリド(1mg)の数量は、
フィンペシアが600錠
エフペシア
2分の1錠×452日=226錠

600錠+226錠=826錠

総計で826錠です。


4年7ヶ月といっても特に何も変化はないです。

M字は回復しないままですから
フィナステリドのみではきっとダメなのでしょう。

4年以上経過してこの状態なら
これは5年を過ぎても同じでしょうね。

やはりM字も含めて満足するような毛量になるには
ミノキシジル、特にミノタブの使用は必須なんですね。

もっと早くからフィナステリドを服用開始していれば
一番よかったのでしょうが
服用を決断するのに約10年も迷ってましたから。

10年ですよ、10年。

長いですよね、迷ってる時間が。

M字をしっかり回復させたいなら
薄くなってしばらく経ってからではなく
速攻で服用開始しなければいけない
という教訓にはなりました。

でも後の祭りです。

フィナステリドは防御系の薬ですから
一番いい使用法は予防的に使うことだと思います。

薄くなりだしたらすぐ、とか。

もっと言えば、
抜け毛が増えて、クセ毛が出だして、
髪がパサつく、弱々しくなる、
などの症状が出だしたら
すぐ服用開始したほうがいいんでしょうね。

さらに言えば
遺伝子的に薄毛になる確率が高い人は
ある程度の年齢になったら
薄くなり始めてもいないうちに
服用開始したほうがいいのかもしれません。

何でもそうですが
始めるタイミングが大事
ですね、ホント。



では1週間分の抜け毛チェック行きたいと思います。
(抜け毛チェックの方法は→抜け毛チェックに関して

左が総本数で、
真ん中が通常の抜け毛本数、
右が短毛化した抜け毛本数になります。

34本(25本 9本)
20本(15本 5本)
35本(26本 9本)
35本(26本 9本)
40本(31本 9本)
37本(27本 10本)
31本(21本 10本)

抜け毛は今週も安定してます。

気温は20度越えの暖かい日もあり
10度ちょっとの寒い日もありの
安定しない気温でしたが、
抜け毛に影響はなかった模様です。

特に短毛化した抜け毛が安定しているのが
興味深いところです。

いい傾向です。

【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 17:37 | Comment(0) | エフペシア使用>2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする