QLOOKアクセス解析

フィナステリド+αで育毛するぞ




2010年01月01日

finpecia100日目【抜け毛はオイル量に反比例する】

フィンペシア服用100日目になりました。

1月1日にちょうど100日目というのは
何か縁起がいいですね。

あ、言い忘れましたが、
あけましておめでとうございます。

このブログにご訪問いただきまして
誠にありがとうございます。

今年もフィナステリド服用の成果報告ならびに
育毛に関する情報をご提供していきたいと思います。

参考にしていただけると幸いです。


さて100日ということで、
フィンペシアの消化数ですが……

4分の1錠×32日=8錠
2分の1錠×68日=34錠

計42錠消化


最初にフィンペシアを100錠購入しましたが、
まだ半分も消化してません。

省エネじゃないですが燃費がいいです。


さて、それでは恒例の抜け毛チェックは以下になります。

昨日が総本数29本で、通常の髪が17本、短毛化した髪が12本。

本日は総本数19本で、通常の髪が12本、短毛化した髪が7本。

本日の抜け毛総本数が20本を切っていますが、
特に変化はない感じです。

このブログを初めて訪問した方や
あまり他の記事を読んでいない方は
「10本も違うのに変化がないってどういうこと?」
と疑問をお持ちになるかもしれませんね。

一応説明しておきます。

私の場合、毎日、湯シャンをして、
その後にオリーブオイルを頭皮にすり込んでいます。

あくまで私の場合ですが、
そのオリーブオイルの量によって抜け毛の本数が変化します。

簡単に言えば、
すり込むオイルの量と抜け毛の本数が反比例しています。

オイルが多いと抜け毛が減り、オイルが少ないと抜け毛が増える。

この法則が、今のところ当てはまっています。

これを不思議に思う人がいるかもしれません。

なぜなら、抜け毛の原因が、
「多過ぎる皮脂のせいだ」
と言っている人がいるからです。

私も長年それを信じてきました。

だから20年以上もの間、
シャンプーを欠かすことがありませんでした。

しかし、数年前に図書館で偶然見つけた本に
オリーブオイル育毛法について書いてあったので、
半信半疑で実践してみたところ、
これが何となく調子がいいのです。

せっかくシャンプーで頭皮の脂を落としたのに、
またオイルをすり込むなんて……

これは矛盾してると思いました。

でも調子がいい(抜け毛が減る)。

これはいったい何なのかと思いました。

つまり原因というかそのメカニズムがわからなかったんです。

さらにその後、たまたまネットで、
シャンプーを使用しない育毛法(湯シャン)を知りました。

これはさすがに実践し始めるのに勇気がいりました。

だって20年以上も毎日シャンプーしてきたんですから。

しかし、成果が出ている人がかなりいたので、
とにかくやってみることにしました。

そしたら何と抜け毛が激減したのです。

今の抜け毛チェック法で約10本前後の本数です。

長くなりそうなので、
あとは過去記事を参照してください。
   ↓  ↓  ↓ 
抜け毛と皮脂との関係について

とにかく人間は頭皮に限らず、
表面は脂で覆われていることが必要なようです。

アメリカの陸軍では、サバイバル訓練の時に、
絶対に石鹸で体は洗わないようにと指導されるそうです。

石鹸で体の皮脂を落とすと風邪などのウイルス性の病気に
掛かりやすくなるという理由からです。

これを頭皮に当てはめてみれば……

答えは自ずとわかると思います。



ブログランキングに参加しています
この記事がお役に立ちましたら
2つほど応援クリックしていただけると嬉しいです
 ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
           にほんブログ村


【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 23:59 | Comment(2) | フィンペシア使用記>4ヶ月目(1/2錠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

finpecia102日目【同窓会で薄毛の話題は禁句!?】

フィンペシア服用102日目。

まずは抜け毛チェックから。

昨日が総本数11本で、通常の髪が5本、短毛化した髪が6本。

本日は総本数13本で、通常の髪が6本、短毛化した髪が7本。

抜け毛本数が普段よりかなり少ないですが、
原因はオリーブオイルを多くすり込んでいるからだと思います。

正月休みなので普段より多めにオイルを使用してみました。

やはりいつも言っているように、
オイルを増やすと抜け毛が減ります。

これは私だけにいえることなのでしょうか?

誰か試しに実践していただけるといいんですが、
薄毛に悩んでいる親しい友人がいませんので、
どうにもならないですね。

不幸なことに、仲のいい友人はみんなフサフサなので
フィナステリドや育毛の話とかはしたことがありません。


昨年の正月に高校の同窓会があったんですが、
40をとっくに過ぎた男たちというのは、
薄毛になっている人数がとても多いです。

でもいくらかつての同級生といえども、
今はほとんど付き合いがないですから、
気安く育毛の話題なんかは出せませんでした。

昨年の正月は私自身が薄毛を気にしていましたから、
できるだけ髪の毛の話題は出さないようにしてました。

相手も薄毛の話なんてしたくないでしょう。

それは痛いほどわかりますから。

今ならフィナステリドの話ぐらいはしたかもしれません。

この薬のお陰で回復傾向にありますから、
今の薄毛の状態を気にせず話ができると思います。

同窓会が今年だったら良かったんですけど……。

フィンペシアを飲み始めるのが1年遅かったかもしれません。

でもこればかりはしょうがないですね。

10年も迷った挙句に、
フィナステリドの服用にやっと踏み切ったんですから。





ブログランキングに参加しています
この記事がお役に立ちましたら
2つほど応援クリックしていただけると嬉しいです
 ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
           にほんブログ村





【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 21:23 | Comment(0) | フィンペシア使用記>4ヶ月目(1/2錠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

finpecia104日目【オイル量に左右される抜け毛とは?】

フィンペシア服用104日目です。

それではまず、抜け毛チェックから。

昨日が総本数13本で、通常の髪が3本、短毛化した髪が10本。

本日は総本数27本で、通常の髪が19本、短毛化した髪が8本。

昨日まではオリーブオイル量の増量で
抜け毛が少なく収まってますが、
本日の抜け毛は増えてます。

これは仕事が始まったのに合わせて、
オリーブオイルの量をセーブしましたので
その結果だと思われます。

仕事が始まると多くの人に会うので、
オイリーな髪はちょっと気になりますから。

髪が増えて、オイリーでも地肌が見えないくらいになったら
毎日オイルをたっぷりすり込んでやりたいですね。

それまでの辛抱です。


今回のオイル量による抜け毛本数の変化の中で、
ちょっと気付いたことがあります。

オイル量に左右される抜け毛が、
通常のしっかりした抜け毛だということです。

短毛化した抜け毛はあまり本数が変わらないです。

つまり短毛化したものは
オイルの量に左右されないということ。

おもしろい現象だと思います。

前にも書きましたが、
短毛化した抜け毛は健康的なヘアサイクルの抜け毛とは違い
フィナステリドによる抜け毛だということ。

簡単に説明すると、短毛化した抜け毛は、
DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けていた髪が、
フィナステリドでDHTが抑制されて
短毛から長毛に変化していく過程で
抜けていく髪だということです。

短毛化した抜け毛はフィナステリドによるものだから、
オイルの量にも左右されないし、
たぶん、他の抜け毛の原因になりうる要素にも
左右されないのではないかと思います。


ではなぜ通常の抜け毛はオイル量に左右されるのでしょうか?

これはいくら考えてもわからないですね。

人間にとっていかに皮脂が大切なものかを
教えてくれていると思いますが、
皮脂が抜け毛を抑えるメカニズムがわかりません。

私程度の足りない頭では解明できません。

科学による解明を待ちたいと思います。

でも、そんな研究をしている学者なんているんでしょうか?

いたらいいんですけど……




ブログランキングに参加しています
この記事がお役に立ちましたら
2つほど応援クリックしていただけると嬉しいです
 ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
           にほんブログ村




【スポンサードリンク】
posted by 育毛ボーボー太郎 at 23:59 | Comment(0) | フィンペシア使用記>4ヶ月目(1/2錠) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする